日本コンピュータシステム販売店協会(JCSSA、大塚裕司会長)は1月23日、都内のホテルで新年賀詞交歓会を開き、大塚会長は「ITで働き方改革を後押しする」と新年の抱負を述べた。

201701241318_3.jpg
新年の抱負を述べるJCSSAの大塚裕司会長

 大塚会長は「時短やテレワークが働き方改革の一つといわれているが、すべてITがないとできない」と強調し、「もう一歩ソリューションに踏み込んで、ITで働き方改革を後押しして、日本を元気にしていきたい」と話した。
 
201701241318_4.jpg
JCSSAの新年賀詞交歓会

 一方で、複写機やプリンタで利用する用紙について触れ、「年間を通じて5ポイント弱くらいは用紙の販売枚数が増えている。この点から、経済はしっかり動いており、まだ伸びしろがある」と説明。出席した会員ら約660人に対して「お客様にもっとコスト削減や生産性の向上を訴えないといけない」と呼びかけた。