米StorageCraft Technologyと米Exabloxは1月19日、企業データの分析、保護、保管サポートに専念するために統合したと発表した。

 Exabloxの本拠は、カリフォルニア州サニーベール。同社は先進のオブジェクトストレージアーキテクチャを使用し、フラッシュとHDDベースのスケールアウトNASストレージソリューションを制作している。顧客にはFortune 500社のトップ企業、研究機関、教育機関、技術革新者、政府機関などがある。

 一方、StorageCraft Technologyは、ユタ州に本拠を置くグローバル企業。数々の受賞歴のあるバックアップとリカバリソリューションを提供。高付加価値のITチャネルとマネージドサービスプロバイダのネットワークを通して市場に対応してきた。

 今回、StorageCraft TechnologyがExabloxを買収することで、情報の分析、保護、保管を可能とした、競争力のあるエンタープライズ製品をもつ事業会社が誕生することになる。なお、ExabloxのDouglas Brockett CEOは社長として会社に残り、StorageCraft TechnologyのMatt Medeiros CEOに直接報告する立場となる。Exabloxの顧客とパートナーには今後も既存連絡先によるサポートを継続し、スムーズな移行を保証するとしている。