エムオーテックス(MOTEX、河之口達也社長)は1月25日、IT資産管理・情報漏えい対策ツール「LanScope Cat」の新バージョン「LanScope Cat Ver.8.4」を発売した。

 LanScope Catは、多くの企業が抱えるIT資産管理や情報セキュリティ対策の課題を解決し、企業成長をサポートするセキュリティツール。新バージョンでは、「マルウェア対策」「アプリケーション管理」「ウェブコンソール」の3点を徹底強化した。メインとなるマルウェア対策機能は、AIエンジンを活用した検知率99.7%の次世代型アンチウイルスで、マルウェアを実行前に検知・隔離することができる。この強化により、インターネット非接続環境下でもマルウェアの検知・隔離状況を収集し、統合管理を実現した。

 アプリケーション管理では、インストールアプリのバージョン情報を取得し、ぜい弱性があるバージョンか否かの判断を可能にするとともに、不正なアプリは強制的にアンインストールすることで、クリーンな環境を保つことができる。また、ウェブコンソールには新たにサマリーを追加し、社内のセキュリティ状態を数値化したレポートを発行。誰でも同じ基準で判断ができるよう支援し、会社全体でセキュリティ対策に取り組む環境をつくることが可能となる。