NECは1月30日、2017年3月期(16年4月-17年3月)の連結業績予想を下方修正した。修正値は、売上高が2兆6800億円、営業利益が300億円。昨年10月時点では、それぞれ2兆8800億円、1000億円を予想していた。同時に発表した第3四半期(4月-12月)の連結業績は、売上高が前年同期比8.2%減の1兆7945億円、営業損益が170億円の赤字で、増収増益予想から一転して減収減益となった。

201702011043_2.jpg
決算概要を説明する新野社長

 通期業績見通しの下方修正理由について、新野隆 代表取締役執行役員社長兼CEOは、「航空・宇宙防衛領域における大型案件のずれや期待案件の失注などによるパブリック事業の売上減をはじめ、テレコムキャリア事業では海外事業の伸び悩み、システムプラットフォーム事業ではハードウェアの停滞、その他の海外事業の後退などが響いた」と説明。一方、好調だったのはITサービス事業で、「全セグメントで増収増益だった」とした。