サイバーステーション(福永泰男社長)は、デジタルサイネージ向けのディスプレイ装置、スタンド、セットトップボックスなどをパッケージ化したオールインワン商品「デジサインALL-in-oneスターターキット」を2月15日に発売した。

 従来のデジタルサイネージは、大がかりなディスプレイに表示装置やネットワークなどの複雑な構成を必要としており、導入検討企業は「自社の導入目的に叶うシステム構成がわかりにくい」「簡単に手軽に使える低コスト商品がどこで購入できるのかがわからない」「総費用の把握がしづらく、品質と価格の妥当性が判断しにくい」といった課題を抱えていた。

 こうした課題を解決するため、わかりやすさと買いやすさを重視。必要な機材とソフトウェアをパック商品とした、デジサインALL-in-oneスターターキットを販売することにした。ラインアップは、高品質・高信頼性の東芝製ディスプレイを中心とした「デジサインStick 23.8型(横)据置スタンドセット」「デジサインStick 43型イーゼルスタンドセット」「デジサインStick 43型フロアスタンドセット」「デジサインStick 43型壁寄せスタンドセット」の4種類を用意している。

 価格はオープン。同社では、小売業(小売店舗、外食店舗)の売り場、旅館・ホテル業のエントランスやイベント会場、医療機関(クリニック)の待合室、教育機関(大学、高校、小中学校、専門学校、予備校)のエントランス、掲示スペース、製造業(とくに工場)の食堂、休憩室、執務室などでの設置を想定している。