日本ソフト販売(中川慎二郎代表取締役)は、同社のネットソリューション「全国e電話帳」で、新しい検索コンテンツ「携帯電話番号使用状況」を3月1日に提供すると発表した。検索料金は、直近が15円/件、履歴が50円/件。

 全国e電話帳の電話番号使用状況は、電話番号の使用状況や履歴(現在使われている、いない、移転しているなど)を調査するサービス。これまで提供してきた固定電話番号の使用状況検索は、とくに金融機関での利用が多く、本人確認などの審査業務で活用されている。今回、固定電話に加えて携帯電話(個人・法人)の使用状況が把握可能となったことで、国内の電話番号をほぼ網羅。これにより全国e電話帳は、主に与信業務のさまざまな場面で、より便利に広範囲に利用できるネットソリューションとして機能強化を実現した。

 携帯電話に対応した電話番号使用状況のコンテンツでは、定期的にクリーニングされた日本全国のほぼすべての電話番号(有効件数は固定電話6100万件/携帯電話2億2980万件)を検索することが可能。全国e電話帳の画面に、調べたい電話番号を入力するだけで最大で過去12か月分の使用状況を瞬時に検索し、調査結果を表示する。