日立ソリューションズ(柴原節男社長)は3月30日、「Google Mapsパートナー」として法人向け地図サービス「Google Maps API プレミアムプラン」の販売を、4月3日から開始すると発表した。

 Google Maps API プレミアムプランは、世界各国の地図やストリートビューなど、手軽に利用できるコンシューマ向け地図サービス「Google Maps API」のエンタープライズ版。会員向けウェブサイトや企業・団体内のイントラネット上などで、グローバルに利用されている最新地図へのアクセスや印刷、位置追跡の実装が可能となる。

 日立ソリューションズは、空間情報ソリューション「GeoMation」事業を国内外で社会・公共分野を中心に展開してきた。今回、IoT時代に向けて、Google Mapsをラインアップに加えることで、産業・通信分野やグローバルな物流管理などの幅広いニーズに柔軟に応え、空間情報のエコシステム形成をリードしていく方針。

 税別価格は、公開サイト向けプランが120万円から、非公開サイト向けプランが120万円から。同社では今後、GeoMationの製品・サービスをGoogle Mapsに対応していくとともに、Google Mapsと連携した新サービスを幅広く提供していく予定。