OSK(宇佐美愼治社長)は4月20日、CRMソフト「SMILE BS 2nd Edition CRM QuickCreator Rel.2(SMILE BS2 CRM QC)」を活用した新たなコラボレーションを、4月17日から提供すると発表した。

 今回のコラボレーションは、コクヨ(黒田英邦社長)が2014年9月から販売しているデジタルノート「CamiApp S」のデータを業務システムに取り込む仕組みとして、リコー(山下良則社長)製複合機を利用する新サービス「CamiApp for RICOH」を4月17日から提供することに伴うもの。作成されたデータの取り込み・保管・検索を容易にするシステムとして、SMILE BS2 CRM QCを活用したコラボレーションとして提案する。

 具体的には、CamiApp for RICOHでは、CamiApp Sとリコー製複合機をBluetoothで直接接続することにより、データの業務システムへのアップロードが行える。現場では、担当者がCamiApp Sの紙帳票に手書きするという従来のやり方を変えずに、事務所に戻ってきたタイミングで複合機にかざせば、データを業務システムに取り込むことができる。これによって、紙帳票を見ながらパソコンで入力し直す重複作業が必要なくなり、アナログ業務を簡単に効率化できる。

 なお、同サービスは、リコー製複合機との連携ソフトウェアの開発・販売を支援する「Ricoh Developer Program」を活用し、コクヨがリコーの技術協力のもとで開発・提供している。顧客は、複合機のパネルから「RICOH アプリケーションサイト for MultiLink-Panel」に接続し、アプリケーションを顧客自身で複合機に簡単にインストールすることが可能。同アプリケーションのなかで、事業所に設置してある複合機は、コピーやプリントの機能だけでなく、企業内ネットワークの入り口として、外部機器と社内ネットワークをつなぐ中継機としての役割を担う。