アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は、IoTスターターパック「IoT FastKit」の提供を7月28日に開始した。税別価格は19万8000円。

 ALSIではこれまで、製造流通ソリューション、セキュリティソリューション、ファームウェア開発ソリューションの3事業を柱に展開してきたが、2016年4月から新たなビジネス領域としてIoTの取り組みを開始。既存事業の知見や技術力を生かした研究開発活動、実証実験(PoC)を積み重ね、IoTソリューションの事業化を目指している。

 今回提供するIoT FastKitは、アルプス電気のセンサネットワークモジュールを活用した期間レンタル型のスターターパック。実際の利用シーンを想定した「シナリオ」と呼ばれる管理画面機能と、さまざまなデータを取得することができる「センサ」や、「IoT Gateway」などの必要な機器・サービス一式が含まれ、申し込み時に利用したいシナリオを選択することで、シナリオをあらかじめ設定した状態で提供する。

 シナリオにはデータ表示機能(リアルタイム、過去)、アラート機能(表示、メール)、データダウンロード機能など、基本的な機能を搭載しており、設定を変更しながらさまざまなデータを収集することが可能。顧客は、環境構築作業から開放され、本来の目的であるデータ収集と分析作業に集中できる。