BeSTA FinTech Labのオフィスがオープン

 NTTデータ(岩本敏男社長)は7月7日、東京・大手町に、「BeSTA FinTech Lab」のオフィスをオープンした。BeSTA FinTech Labは、同社の地方銀行向けバンキングアプリケーションである「BeSTA」ユーザーのためのサービスで、彼らが、NTTデータのオープンイノベーションのノウハウや金融領域での知見、FinTechベンチャーのビジネスアイデアやプロダクトを取り込み、オープンイノベーションにより新たなFinTechサービスを開発するための場として機能させる狙いがある。今回オープンしたオフィスは、まさにその拠点であり、BeSTAユーザーやFinTechベンチャーが自由に出入りできる「オープンな場」を志向している。

201708031409_1.jpg
コミュニケーションエリアでは、新規ビジネスの創出ワークショップやイベント・セミナーを開催する
 
201708031409_2.jpg
新しいサービスのためのアプリのプロトタイプをスピーディにつくる環境も

 オフィス内は、大きく三つのエリアに分かれている。最も広い「コミュニケーションエリア」は、参加行とベンチャーをマッチングし、NTTデータも交えて新しいビジネスづくりのワークショップを開催したり、セミナー、イベントの会場としても活用する。一方、個別プロジェクトのメンバーが集まり、ビジネスアイデアを実証する環境などを提供する「プロジェクトルーム」も用意した。また、オフィスへの来訪者が気軽に立ち寄り、BeSTA FinTech Labの最新の試作品やFinTechベンチャーのソリューションを気軽にデモ体験できる「オープンエリア」も設置している。(本多和幸)