エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、米Axure Software Solutionsが提供するソフトウェアデザインツール「Axure RP 8」を9月6日に発売した。

 Axure RP 8は、Windows PC、Mac、モバイルデバイス向けにコーディングなしで、ソフトウェアのGUI、UX、ウェブサイトの画面などをデザインし、ソフトウェアのプロトタイプ、ワイヤーフレームを作成できるツール。シンプルなクリック操作で高度な機能をプロトタイプに実装でき、完成品により近いプロトタイプを素早く簡単に作成することができる。

 Axure ShareまたはSVN(Subversion)サーバー上でプロトタイプを「Team Project」として作成することで、複数のユーザーが共著者として同時に同じプロトタイプにアクセスすることが可能となる。また、Team Projectはそれぞれがチェックインおよびチェックアウトした記録を変更履歴とともに保管しファイルの更新を正確に管理する。

 Axure Shareでは、Axure RPで作成したプロトタイプをチームメンバーや顧客と共有することができる。RPファイルをもつプロジェクトを最大で1000件アップロードすることが可能で、1つのプロジェクトにつき400MBが上限となる。

 また、さまざまなアノテーション機能を提供。ウィジェットやページにコメントを追加することができる。これらのコメントにはタイトルなどをつけることができ、Axure RPとHTML形式のブラウザから確認することができる。

 価格は、「Axure RP 8 Pro」の永久ライセンスが7万1700円、年間サブスクリプションが5万400円、「Axure RP 8 Team」の永久ライセンスが12万9700円、年間サブスクリプションが8万5200円、「Axure RP 8 Enterprise」の年間サブスクリプションが17万2200円。