オージス総研(西岡信也社長)は9月13日、統合認証パッケージ「ThemiStruct Identity Platform」が、APIアクセス認可技術「OAuth 2.0」に対応すると発表した。

 ThemiStruct Identity Platformは、クラウド、オンプレミスを問わず複数のサービス間での利用者の情報連携を実現し、シングルサインオン環境とID管理機能を提供する製品。世界的に標準化された技術規格に準拠したインターフェース(API)をサポートし、さまざまなサイトとのアイデンティティ連携を実現する。

 今回のOAuth 2.0対応により、FinTechをはじめとしたAPIエコノミー時代に必要な認証・認可機能を強化し、サービスの創出やビジネスパートナーとの連携に求められる安心、安全なアクセス管理基盤を容易に構築することが可能となる。従業員向けシステムに加え、事業用サイトや顧客向けモバイルアプリケーションの認証・認可といった複雑化する認証基盤へのニーズにもワンストップで応えることができる。

 今後、オージス総研は、アイデンティティ技術を活用したソリューションを通じ、顧客のAPIエコノミー拡大とイノベーション創出を支援していく考え。