ナノオプト・メディア(藤原洋社長)は、3種類のセキュリティ関連イベントを総称した「Security Week 2017」を、9月26日に大阪・大阪グランフロントで、9月27から9月29日に東京・KITTEで開催する。

201709151456_1.jpg

 開催イベントは、最新セキュリティ脅威動向と対策を紹介する「Security Days Fall 2017」、eメールに潜む脅威と最新のセキュリティ対策を解説する「Email Security Conference 2017」、ID管理に特化した最新動向を説明する「ID Management Conference 2017」。セキュリティへの関心やニーズが幅広いという観点から、来場者が関心のある展示ブースに訪問できるよう、3種類のイベントに分けている。

 基調講演は、イスラエル工科大学の教授でCodotaのCTOであるイーラン・ヤハブ氏が「リバースエンジニアリングのためのマシンラーニング」と題して大阪会場で登壇。東京会場では、プロフェッショナルハッカーのジェレミア・グロスマン氏が「ランサムウェアから学ぶこと」をテーマに、ランサムウェアと既存犯罪の類似点をもとに、今後サイバー犯罪とどう戦うか、戦略について説明する。スポンサー企業のセッションも用意している。

開催日時
大阪会場:2017年9月26日(火)
※セッションのみ
東京会場:2017年9月27日(水)~29日(金) ※セッションと展示会
開催場所
大阪会場:ナレッジキャピタル・カンファレンスルーム(グランフロント大阪 タワーC 8F)
東京会場:JPタワーホール&カンファレンス(KITTE 4F)
参加費
  無料(事前登録制)