クラウドメールとの連携を強化

 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS、神森晶久社長)は、総合情報漏えい対策ソリューション「GUARDIANWALLシリーズ」のうち、「GUARDIANWALL Mailファミリー」新バージョンの提供を10月3日に開始する。今回のバージョンアップは、企業の情報セキュリティ担当者の運用負荷を増やすことなくクラウドメールとの連携を強化することを狙いとしている。

 最新版の主なポイントとしては、標的型攻撃メールの検知機能を強化した。差出人詐称や添付ファイル拡張子偽装対策に加えて、検知対象とする実行形式プログラムの種類・条件を拡張したほか、偽装URLリンクの検出、フリーアドレスからの送信判定を行えるようになった。また、メール送信者自身による、送信時のチェックを必須にする機能を追加。指定した条件に合致し、一定時間内にチェックされなかったメールについては自動的に送信がキャンセルされ、誤送信防止を図ることができる。

 そのほか、Office 365などのリッチテキスト形式メールへ対応し、意図しない暗号化を防止。シングルサインオンに対応し、ログイン情報を都度入力するといったユーザーの負荷を低減している。(前田幸慧)