最新技術や導入事例などを紹介

 セールスフォース・ドットコム(小出伸一会長兼社長)は9月26、27の両日、東京都内で国内最大規模の年次カスタマイベント「Salesforce World Tour Tokyo2017」を開催し、各セッションを通じて同社の最新技術や導入事例などを紹介した。

201710121848_2.jpg
ゲストスピーカーとやりとりする小出伸一会長兼社長(左)

 初日の基調講演では、米国セールスフォース・ドットコムのキース・ブロック・ViceChairman,President and COOが、成長を続ける同社の事業について紹介し、今後も「皆さんと一緒に新たな道を切り開いていきたい」と強調。小出会長兼社長は、「皆さんのご支援をいただきながらこれからも成長し、日本の社会の仕組みづくりに貢献していきたい」と呼びかけた。

 また、内閣官房の向井治紀内閣審議官やミズノの水野明人社長、アマダホールディングスの磯部任社長がゲストスピーカーとして登壇。セールスフォース・ドットコムのメリットなどを説明した。

 イベントではこのほか、B2B企業向けマーケティングオートメーション「Salesforce Pardot」の日本語版の提供開始が発表された。会場では、パネルディスカッションや対談、ブースでの展示などもあった。(廣瀬秀平)