【上海発】松下信息系統(上海)(パナソニック インフォメーションシステムズ上海)が、新体制での事業活動を本格的に始動した。中国のパナソニックグループ会社のITサポートを担う中核会社として、各社に分散していたIT組織を同社にまとめた。これに合わせて、新たな総経理に丸山博儀氏が就任している。(上海支局 真鍋 武)

 同社はもともと三洋ITソリューションズの子会社だったが、三洋電機のパナソニックへの統合に伴い、2015年にパナソニック インフォメーションシステムズの完全子会社化となった。これを受けて、中国地域にある85社のパナソニックグループ会社のITサポートを担う中核会社として位置づけられ、今年8月に各社のIT組織をまとめる形で新体制をスタートさせた。現在の人員は約180人。本拠地の上海に加え、北京、大連、無錫、珠海にサービス拠点を構える。
 
201712121612_1.jpg

丸山博儀
総経理

 今後は、グループ会社に対するITサポート事業を強化するとともに、外販事業に力を注ぎ事業拡大を図る。丸山総経理は、「グループ会社向けのビジネスに甘んじるのではなく、技術や品質、価格も含めて外販で通用する企業に成長させていく」と意気込む。

 既存顧客には工場が多く、同社は製造業向けソリューションを得意領域としている。例えば、MES(製造設計システム)では、中国で独自開発したソリューションを保有する。17年からは、インフォテリアのEAI/ESB製品「ASTERIA WARP」も注力商材に位置づけており、10月にはアリババグループの「杭州雲栖大会」に初出展して、200人を超える中国企業に商材をアピールした。

 今後の目標について、丸山総経理は、「事業規模を数倍に成長させるつもりで頑張りたい」と意欲を示している。