業界の“今”がわかる!  有力商材が見つかる!

 Slerとリセラーを対象に実施する「週刊BCN主催 全国キャラバン 2018」が2月2日、第1回目の開催地となる名古屋市でスタートする。2月14日には、広島市で2回目を開催。その後は、京都、福岡、沖縄、大阪、松山、札幌、横浜、金沢、仙台、新潟の順で開催を予定している。

201712261711_1.jpg
週刊BCN主催 全国キャラバン 2018は、全国12か所での開催を予定

 週刊BCN主催 全国キャラバンは、ITの最新動向と、各地域でのパートナーを募集している企業のセッションを用意。ITの最新動向は、冒頭の基調講演と最後の主催者講演の二本立てとなる。基調講演では、IT関連の識者やエキスパートを招き、旬なテーマの最新動向を紹介する。主催者講演では、『週刊BCN』の紙面や取材で得た情報をベースに、週刊BCNの編集部がIT業界の動向や今後のIT業界の予測などをお届けする。
 
201712261711_2.jpg

 パートナー募集セッションでは、開催地でのパートナー(SIerやリセラーなど)に向けて、製品や販売のポイントに加え、市場動向なども紹介。最大で五つのセッションを用意しているため、バラエティに富んだ内容となる。また、プレゼン担当者はセミナーの最後まで残っていることから、情報交換の場としても活用できる。

 週刊BCNは、各地域のIT動向を重点取材対象の一つとして掲げており、連載の「SI論」や地方特集などで地域に重点を置いた記事を作成している。また、セミナーを通した最新情報の提供により、地域のIT産業に貢献することを目指している。
 
週刊BCN主催セミナーの詳しい情報は下記URLへ
https://www.weeklybcn.com/special/detail/id=156337
 
201802281816_1.jpg
※開催日と開催地は変更になる可能性があります