【北京発】野村総研(北京)系統集成(NRI北京、郡山幸治総経理)は1月18日、Amazon Web Services(AWS)の中国法人(AWS中国)と共同セミナーを開催した。日系企業の経営層や情報システム担当者などの約40人を集客し、中国でのAWS活用術を紹介した。

201801311821_2.jpg

AWS中国 林家偉
グローバルアカウント
ゼネラルマネージャー

 AWS中国の林家偉・グローバルアカウントゼネラルマネージャーは、「中国で2つのリージョンを利用できるようになった」とアピールした。同社は昨年12月、「北京リージョン」に加えて新たに「寧夏リージョン」を開設。中国のクラウド事業を強化している。

 また、NRI北京の森川貴康・主任テクニカルエンジニアは、ユーザー企業のシステム環境とAWSを専用ネットワークでつなぐ「Direct Connect」を紹介。東芝(中国)研究開発センターの李海亮氏は、日本のAWS上で稼働する東芝コミュニケーションAI「RECAIUS」の環境をAWS中国に遷移した事例を披露した。

 セミナーには、AWS日本法人の担当者も駆けつけ、最新の技術サービス群をアピールした。(真鍋 武)