日本マイクロソフト(平野拓也社長)は、5月22日から23日にかけて、マイクロソフトの最新テクノロジーをITエンジニアに届ける年次技術イベント「de:code 2018」を、東京・港区浜松町のザ・プリンスパークタワー東京で開催する。

 本イベントでは、テクノロジーに関する最新情報や動向、ネットワーキングの機会を提供するとともに、5月に米国で開催された開発者向けカンファレンス「Microsoft Build 2018」の発表内容についても紹介する。

 今年は、「AI」「App Client」「App Development」「Cloud Infrastructure」「Data」「Special」の6トラック100以上のセッションを用意。とくに注目のAIトラックでは、最新の機械学習の技術や、実ビジネスでの事例で得られた知見を紹介する。自社の実ビジネスに役立つAI活用法を手に入れることができるだろう。

 基調講演は、“ITモダナイゼーション”をけん引するソフトウェアエンジニアを通してクラウドプラットフォームから生み出される価値と組織にもたらす大きな変化について、デモンストレーションを交えながら紹介。米国本社幹部3人に加え、日本マイクロソフトの平野社長、伊藤かつら執行役員常務 デジタルトランスフォーメーション事業本部長が登壇する。

 基調講演のもようは、ライブ配信で視聴することもできる。詳細はURLをチェックだ。

 
■ 開催日時
2018年5月22日(火)~23日(水)
■ 開催場所
ザ・プリンスパークタワー東京
東京都港区芝公園4-8-1
■ 基調講演ライブ配信日時
2018年5月22日(火)9:30~12:30予定

基調講演
https://www.microsoft.com/ja-jp/events/decode/2018/keynote.aspx

おすすめセッション
https://www.microsoft.com/ja-jp/events/decode/2018/featured.aspx

■ 対象者
開発者、ITに携わるすべてのエンジニア
■ 主催
日本マイクロソフト