日本OpenStackユーザ会は8月2日、3日の二日間、OpenStack専門カンファレンス「OpenStack Days Tokyo 2018」を開催する。さらに、同時開催する新しいイベントとして「Cloud Native Days Tokyo 2018」を立ち上げる。OpenStackの枠を飛び出て、さまざまなクラウドプラットフォームを横断するベンダーニュートラルな立場でクラウドネイティブな世界を掘り下げて議論することを意図しているという。日本OpenStackユーザ会の中心メンバーに、その背景と狙い、両イベントの見どころを聞いた。(取材・文/本多和幸)

技術者から経営層向けまで幅広くコンテンツを用意

NTTソフトウェア
イノベーションセンター
水野伸太郎氏
(日本OpenStackユーザ会会長)
――OpenStackプロジェクトのアップデート

水野 高セキュリティを特徴としたコンテナ環境「Kata Containers」や、OpenStackの開発で培われたCI/CDツール「Zuul」がOpenStackから独立したプロジェクトになり、OSSのエッジコンピューティング基盤を目指したワーキンググループも立ち上がった。コミュニティサポートが12か月から18か月に延長されたのも大きなトピック。OpenStackそのものは大規模な新規機能追加は少なく、成熟期に入った。コミュニティの性質も開発者ドリブンからユーザードリブンに変化してきている。

――日本国内でのOpenStackの活用状況

 
NTTコミュニケーションズ
技術開発部 担当課長
竹内成和氏
竹内 大手ベンダーのクラウドサービスのIaaS基盤に使われるケースも多いし、業種別、用途別に特定のコンテンツの基盤として使われることも多い。いずれにしても、成熟するにつれてしっかり市場に浸透してきたとはいえる。

――OpenStackのコミュニティの現状

 
日立ソリューションズ
技術革新本部研究開発部
技師 工藤雄大氏
工藤 ITベンダーがエンジニアをコミュニティ(OpenStackユーザ会)に送り込んで、何らかのかたちで自社のビジネスに生かしていくのが基本ではあるが、基本的にコミュニティは参加者個人個人のコントリビューションが重要。その意味で、所属ベンダーの垣根を越えた結束があり、日本のコミュニティは世界的にみても非常に熱心に活動しているといえる。

竹内 OpenStack Daysも、OpenStackの普及促進に取り組んできた日本OpenStackユーザ会が世界に先駆けて開催し、世界に波及していき、いまでは世界13か国以上で開催されている。

――今回はCloud Native Days Tokyo 2018も同時開催する

 
AXLBIT社長
長谷川章博氏
(OpenStack Days Tokyo 2018
実行委員会委員長)
長谷川 AWSやマイクロソフト、グーグルといったクラウドジャイアントは自分たちのIaaSの上にプラットフォームやアプリケーションのエコシステムをつくり、それを縦でくくったイベントをやっている。そこに横串を通そうというイベントがCloud Native Days Tokyo 2018。単純にOpenStackをどう利用するかだけでなく、真にベンダーニュートラルな立ち位置でクラウドをネイティブに使っていくためには何をすべきかにフォーカスした、今までにないイベントといえる。Cloud Native Daysでは、OpenStackを前提とせずに、AIやエッジコンピューティング、コンテナ、DevOpsといったテーマで先進的な知見が披露される。基調講演にはOpenStack foundationのジョナサン・ブライス エグゼクティブディレクターに加えてCloud Foudry foundationのアビー・カーンズ エグゼクティブディレクターが登壇するほか、グーグルのスピーカーが、自社のサービスを使った低コストでの機械学習活用事例をプレゼンしてくれたり、われわれにしか実現できないプログラムが満載だ。

水野 次の時代のシステムをつくる技術者には得るものが多いイベントになるはず。クラウドの入門編から応用編まで幅広くコンテンツを用意しているので、乗り遅れたかなと感じている人も気後れすることなく来場してほしい。ベンダーの視点に引っ張られない技術系のイベントはほかにないので、技術者だけでなく経営層の方にも情報収集の場として活用していただければ。