freee(佐々木大輔代表取締役)は7月2日、「クラウド会計サービス freee(会計freee)」で二つの新機能と新たなプランを発表した。

 
佐々木大輔代表取締役
会計freeeは「スモールビジネスを強く、かっこよく」をコンセプトに、経理の専門家を置かないことが多いスモールビジネス向けに開発した会計サービスだ。わかりやすい設計や統合されたシステムによる経理の一元管理などが特徴で、バックオフィス業務を効率化できる。

 今回、このサービスに追加した新機能の一つが「予算・実績管理」機能である。これまでのfreeeの取り組みは時間を創出することにフォーカスしていたが、追加した機能は、freeeを利用することで時間だけでなく収益も創出できることに着目し開発したものだ。具体的には、勘定科目ごとの予算作成やリアルタイムな実績のグラフ化または財務諸表化、それぞれの予算との比較が可能になる。これにより、経営における目標設定や意思決定の負担を軽減できるという。

 佐々木代表取締役は「目標を立てることでビジネスは伸びる。大きなプロジェクトに経営企画は当然あるが、あらゆるビジネスでも経営企画をできるようにしたい」と、その理念を語った。この新機能は、今回ともに発表された新プラン「プロフェッショナルプラン」でも利用できる。月額3万9800円での提供で、従業員20人以上の中小企業をターゲットにしている。

 さらに、今回もう一つ発表した新機能が「AI月次監査」である。同機能は、会計freeeが自動生成した貸借対照表と損益計算表、そしてその月次推移データをもとに行われる。税務ルールとの相違や生じやすい作業漏れ、大きい数値変動といった異変などを自動で探しアラートする。これにより月次監査の処理速度や正確性の向上が期待できるという。

 これまで、企業における経営の相談役である税理士や会計士は、記帳や決済、書類作成といった業務に時間を取られ、コンサルティング業務に割く時間に限りがあった。AI月次監査により資料のチェック業務を自動化することで、税理士・会計士が経営コンサルティングに注力できるようになる。「AIはパートナー。本来求められているコンサル業務に時間を充てられない税理士・会計士にとって『AI月次監査』は大きなツールとなる」と、佐々木代表取締役は同機能の有用性を語った。

 また、2018年9月にはクラウド会計freee上のデータをExcelと連携できる「エクセルアドイン」機能を提供する予定。これまでコピーやエクスポートで行っていたものが関数として呼び出せるようになり、より詳細な分析ができるようになるという。

 今後freeeは、資料作成業務の自動化に注力し、スモールビジネスにおける意思決定を支援していく。(銭 君毅)