ミロク情報サービス(MJS、是枝周樹社長)と城南信用金庫(渡辺泰志理事長)は12月10日、地域の中小企業支援に対する「業務連携に関する覚書」を取り交わしたと発表した。

 MJSは、この業務連携を通じ、地域の中小企業が抱える個々の経営課題を踏まえ、各種製品や経営支援、事業承継支援などのサービスを提供する。また、城南信金はこれらを通じた顧客向けサービスの拡充により、多様化する顧客の課題やニーズに対して多面的に経営支援を行い、双方協力の下、地域活性化を推進していく。

 具体的な取り組みとしては、MJSは、城南信金の取引先である起業家や中小企業に対して、創業、新規事業進出、事業承継、FinTechサービスなどの分野で各種製品提供や経営支援サービスを行う。一方、城南信金は、MJSの取引先である中小事業者に対し、金融面での支援や「なんでも相談プラザ」を活用したワンストップでの悩み解決をはじめとする本業支援を行うことで協力する。