週刊BCNは6月7日、AP大阪梅田茶屋町で「SIer・リセラー必見!有力商材で広がるITビジネスセミナー」を開催する。

 SIerやリセラーを対象に、有力商材の地域展開を目指すITベンダーとのマッチングを目的にBCNが全国各地で開催しているセミナー。協賛はSynology Japan、アクロニス・ジャパン/SB C&S、GMOグローバルサイン、後援はITコーディネータ協会。当日は、Synologyが「ライセンスフリーのバックアップ機能が付随するSynologyの次世代NAS」、アクロニスとSB C&Sが「クラウドバックアップ&DRサービスの月額提供を初期設備投資ゼロで実現する Acronis Data Cloud」、GMOグローバルサインが「【事例でわかる】リモートワークに阻むセキュリティリスク3選」をテーマに講演を行う。

 また、基調講演では「データ駆動型サービス デジタル・ファーストの決め手はコレ」と題して、IT記者会の佃均代表理事が登壇。BCNセッションでは、週刊BCNの本多和幸編集長が「週刊BCNがフォーカスするIT市場の最新トレンド~IoT、AI、ブロックチェーン、量子コンピューター、etc……次の金脈は?~』」をテーマに講演する予定だ。


■ 日時
6月7日(金)13:30~18:00
(受付開始 13:00~)
■ 場所
AP大阪梅田茶屋町 H+I+Jルーム
大阪府大阪市北区茶屋町1-27 ABC-MART梅田ビル8F
■ 定員 80人
■ 参加費 無料(事前登録制)
■ 主催 BCN
■ 協賛(順不同)
Synology Japan、アクロニス・ジャパン/SB C&S、GMOグローバルサイン
■ 後援 ITコーディネータ協会