アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は、クラウド型セキュアウェブゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection」を機能強化し、5月8日に発売した。

 InterSafe GatewayConnectionは、ウェブフィルタリングサービスを主軸に、マルウェア感染を防止する「アンチウイルスオプション」などを提供するクラウド型セキュアウェブゲートウェイサービス。ProxyやVPNなど利用環境にあわせてさまざまな接続方法で利用できるほか、Windows、iOS、Android、Chromebookに対応しているため、あらゆる端末、ネットワーク環境下でセキュアなインターネット環境を提供できる。
 
「InterSafe GatewayConnection Web フィルタリングサービスAgent」の利用イメージ

 また、スマートデバイスのセキュリティ強化のため、昨年からiOS/Android端末向けに、既存の業務システムの利用を妨げることなく精度の高いウェブフィルタリングを実現する専用アプリケーション「InterSafe GatewayConnection Webフィルタリングサービス Agent」を提供している。

 今回のアップデートでは、同アプリが従来のiOS、Androidに加えてWindows OSにも対応した。これにより、Windows OS、iOS、Android OSといった主要なOSを搭載する全ての持ち出し端末での利用が可能となった。また、モバイル回線、組織内Wi-Fi、公衆Wi-Fiなど、あらゆるネットワーク環境下で、標準ブラウザー、アプリ内ブラウザーをはじめとしたhttp/https通信を行うアプリケーションがフィルタリングの対象となるため、マルチデバイスでもユーザビリティを損なうことなく、“抜け漏れ”のない強固なウェブフィルタリングが可能となる。

 なお、InterSafe GatewayConnectionでは、今回のアップデートにあわせて、「Chromebook」を利用する学校・教育機関向けに提供中の「InterSafe GatewayConnection Webフィルタリングサービス スクールパック」の対象OSをiOSにも拡充し、提供を開始する。これにより、ChromebookとiPadなどの学習用端末上で、抜け漏れのないウェブフィルタリングが実現し、学習時の安全性を確保するとともに、既存の学習用システムの利用を妨げることなく、安全で柔軟な学習を支援する。