ソフトバンクとSB C&Sは7月18日・19日の2日間、東京・浜松町のザ・プリンスパークタワー東京で法人向け年次ベント「SoftBank World 2019」を開催する。

 今年のキャッチコピーは、「テクノロジーコラボレーションで世界を変えていこう。」。社会やビジネスの課題が高速化・複雑化し、一つの企業の力だけでは解決するのが困難な時代の中で、必要なのは「共創」だとソフトバンクは考える。イベントでは、パートナー企業とのコラボレーションによるサービスや、ビジネスの最先端を知ることができる講演など、さまざまなメニューを用意している。

 初日は、基調講演にソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が、特別講演にはグーグル・クラウド・ジャパンの阿部伸一代表や、セールスフォース・ドットコムの小出伸一会長兼社長、日本IBMの三澤智光・取締役専務執行役員 IBMクラウド事業本部長が登壇する。2日目は、ソフトバンクの宮内謙社長が基調講演。特別講演では「デジタライゼーションがもたらす変革~共創が描く新たなスマートシティ~」をテーマに、ソフトバンクの今井康之副社長、JR東日本の太田朝道常務、東急不動産の岡田正志副社長が登壇するほか、日本酒「獺祭」で知られる旭酒造の桜井博志会長が講演する予定だ。


■ 日時
7月18日(木)、19日(金)
■ 場所
ザ・プリンス パークタワー東京
東京都港区芝公園4-8-1
JR線・東京モノレール浜松町駅から徒歩約12分
都営地下鉄大江戸線赤羽橋駅
(赤羽橋口)から徒歩約2分
■ 参加
無料(事前登録制)
■ 主催
ソフトバンク/SB C&S