週刊BCNは8月2日、札幌のACU-A(アスティ45)で「SIer・リセラー必見!有力商材で広がるITビジネスセミナー」を開催する。協賛はゾーホージャパン、ウェブルート、ビーブレイクシステムズ、アイキューブドシステムズの4社、後援はITコーディネータ協会。セミナーでは、協賛各社のイチ押し商材や市場動向、パートナー向けプログラムについて紹介。有力商材の地域展開を目指すITベンダーと、地域のSIerやリセラーのマッチングを支援する。

 基調講演では、福岡情報ビジネスセンターの武藤元美代表取締役が登壇。「絶滅危惧種“SIer”の反撃~もう業者扱いはさせない!!DXを好機と捉え、不本意な現実をエコシステムで好転させる~」をテーマに、これからのSIerが特質を生かして成長するために必要なことについて語る。

 BCNセッションでは、週刊BCNの本多和幸編集長が「IoT、AI、ブロックチェーンは幻滅期?~先進テクノロジーは社会実装のフェーズに~」と題し、IT業界の最新トレンドの動向について解説する。

 参加費は無料。専用ページからの事前登録で参加できる。当日は協賛企業との名刺交換の時間も用意している。


■ 日時
8月2日(金)13:30~17:30
(受付開始 13:00~)
■ 場所
ACU-A(アスティ45) 中研修室1613
札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45 16F
■ 定員 30人
■ 参加費 無料(事前登録制)
■ 主催 BCN
■ 協賛(順不同)
ゾーホージャパン、ウェブルート、ビーブレイクシステムズ、アイキューブドシステムズ
■ 後援 ITコーディネータ協会