米CIC(ケンブリッジ・イノベーション・センター、ティム・ロウ創業者兼CEO)は2月7日、東京・虎ノ門(虎ノ門ヒルズビジネスタワー内)に、アジア初の拠点「CIC Tokyo」を今年7月に開設すると発表した。CICは、ここを世界につながるイノベーション発進基地と位置付け、社会・世界を変革する起業家たちへの支援を通して、日本でのイノベーションの創出を促進する。

CIC Japanの梅澤高明会長

 CIC Tokyoは、新たなイノベーション集積地として変貌著しい東京の虎ノ門に1月に竣工した、虎ノ門ヒルズビジネスタワーの15階・16階に、2フロア合計約6000平米のスペースとして設立される日本最大規模のイノベーションコミュニティ。国内外のスタートアップ企業をはじめ、ベンチャーキャピタリスト、アクセラレーター、大企業、学術研究機関、政府機関、自治体また、スタートアップ企業を支援する弁護士や税理士といったさまざまな分野の専門家が一同に集積するエコシステムをつくる。

 また、東京のイノベーション生態系の多様性を広げるために女性起業家、海外からの起業家、そして学生たちのコミュニティづくりにも注力する。そして、ここに集まる人たちが横につながり、さらに世界につながる場と環境を提供していく。

 CIC Tokyoのイノベーティブな場と環境の設計をCICと共同で手掛けたのは、JIA日本建築大賞をはじめ、国内外で数々の賞を受賞している小堀哲夫氏。小堀氏は、これまでに手掛けたNICCAイノベーションセンターやROKIグローバルイノベーションセンターの設計を通して、新たなイノベーションが生まれる場空間の在り方を提案してきた。昭和学園や梅光学院の設計では、先生と生徒が共に垣根なく学び合う、画期的な学びの場空間も創造している。CICがこの20年間培ってきたイノベーションを生み出すためのさまざまな仕掛けとノウハウが詰まったデザインと、小堀氏が提唱する新たなイノベーション空間・学習空間のデザインが融合し、今までのオフィススペースになかった創造的でユニークなデザインと機能をあわせもつセンターを実現する。

 CIC Tokyoを運営する組織であるCIC Japanの会長にはA.T.カーニー日本法人会長の梅澤高明氏が、プレジデントにはバブソン大学准教授である山川恭弘が就任。日本と米国両国から、またビジネスと学術研究の両方の視点からCIC東京の活動をリードする。CIC Japanでは、2月7日に日本語ホームページを開設し、順次日本語コンテンツの拡充。各種SNSの本語サイトからの発信などを進めていく。

 なお、CICでは7月のCIC Tokyo開設を前にして、東京都が設立した「スタートアップ・エコシステム・東京コンソーシアム」のメンバーとして参画し、また、つくば市をはじめとする多くの行政機関、団体、企業との共同プロジェクトをすでに開始している。