OYO Hotels Japan(OYO Hotels)は3月13日、日本全国のホテルや旅館に対して資金援助をするプログラム「OYO Partner Support Program(OYOパートナー・サポート・プログラム)」を設立したと発表した。


 現在、全国各地の宿泊業界は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大にともない、客室稼働率の大幅な減少などの悪影響を受けている。そこで今回、困難な状況にあるホテルや旅館に対してOYO Hotelsから資金と技術支援を提供するために、OYOパートナー・サポート・プログラムを発足し、参加施設の募集を開始した。

 OYOパートナー・サポート・プログラムは、全国のホテル経営者と日本の宿泊産業を支援するためのプログラム。日本全国のホテルや旅館をはじめとした宿泊施設を対象として、OYO加盟時にOYO Hotelsが加盟後一定期間、支援金を支払う。支援の可否と金額は、各施設の状況や加盟時期によってそれぞれ決定する。なお、同プログラムにより提供した資金の返金は必要ない。

 なお、OYO Hotelsでは、すでに東南アジアで、新型コロナウイルス感染症の影響に関する類似する支援活動を実施しているが、今回のプログラムは日本発の独自プログラムとして展開する。