独フォルクスワーゲングループは、同社の工場を「Volkswagen Industrial Cloud」に統合する作業を加速し、今年末までに18の生産拠点を統合すると発表した。

「Volkswagen Industrial Cloud」概要

 フォルクスワーゲングループでは、工場の効率をさらに高め、生産コストを削減することを目的に、Industrial Cloudとの統合を進めており、最初の3つの工場は19年にすでに統合している。「20年には、さらに15の工場をクラウドに統合する予定だ」と、フォルクスワーゲングループ生産責任者のゲルド ヴァルカー氏は述べている。

 コロナウイルス危機により生産が停止している間も、プロジェクトの作業は継続していたという。「作業は順調に進んでおり、現在は大幅にペースを速めている」と、フォルクスワーゲングループ エンタープライズ&プラットフォーム アーキテクチャー責任者のロイ ザウアー氏は述べている。同社は、16年から25年にかけて、工場の生産性を30%向上させることを目指しており、「Industrial Cloudは、この目標を達成するための重要な手段になるだろう」と、ヴァルカー氏はコメントしている。

 フォルクスワーゲングループは、124の工場のすべてのデータを標準化された方法で評価できるようになれば、合計で数十億ユーロのコスト削減効果が得られると予測している。Industrial Cloudは、Amazon Web Services(AWS)上に構築されており、シーメンスが統合パートナーとなっている。

 19年は初期計画の通り、フォルクスワーゲン乗用車ブランドのケムニッツ、ウォルフスブルグ、ポルコビツェ(ポーランド)の工場からIndustrial Cloudとの統合に着手。「現在、ペースを速め、Industrial Cloudを数多くの工場に導入しようとしている」と、ヴァルカー氏は説明している。

 今年は、アウディ、セアト、シュコダ、フォルクスワーゲン乗用車、フォルクスワーゲン商用車、ポルシェ、フォルクスワーゲン グループ コンポーネンツの各工場のうち、最大で15工場を接続する予定。これらの工場には、ブラウンシュヴァイク、エムデン、ハノーバー、インゴルシュタット、カッセル、ライプツィヒ、ネッカーズルム、ザルツギッター、ツフェンハウゼン、ツヴィッカウ(すべてドイツ)、マルトレル(スペイン)、パルメラ(ポルトガル)、ジェール(ハンガリー)、ムラダー ボレスラフ、ヴルフラビー(チェコ共和国)の工場が含まれる。