Preferred Networks(PFN)と三井物産は9月3日、深層学習技術を用いた地下構造解析を行うAI開発と事業化を目指し、合弁会社「Mit-PFN Energy株式会社」を設立したと発表した。

PFNの深層学習用スーパーコンピューター(MN-3)を活用する

 新会社は、石油ガスなどの地下資源開発分野への活用に加え、二酸化炭素の地下貯留(CCS:Carbon Capture and Storage)などの低炭素化事業、再生可能エネルギー分野への応用も視野に、AIの開発・事業化を目指す。

 三井物産では引き続き時代の変化に合わせ、自らのビジネスモデルを変革しながら、社会の持続的な発展に事業を通じて貢献していく。デジタルを用いた新事業の創出を同社の総合力が生きる成長領域と位置づけ、PFNとの協業により同社の保有技術と同社グローバルグループが保有する幅広い事業資産のプラットフォームを掛け合わせることで高付加価値ビジネスモデルへの変革に挑んでいく方針。