マーカスエバンズ・ジャパン・リミテッド主催の「CIO Japan Summit 2020」が、11月10日・11日の2日間、東京・文京区のホテル椿山荘東京で開かれる。会期中は、講演者15人に加え、年商1000億円以上の企業のIT部門責任者約50人、IT関連のソリューションを提供する企業約20社が集結。講演や意見交換を通じて、デジタル経営にかかわる最新情報について理解を深めることができる。

 CIO Japan Summitは年に1度の開催で、今年で12回目を迎える。基調講演には、NPO法人「CIO Lounge」の矢島孝應理事長と、筑波大学の落合陽一准教授が登壇。また、大企業のデジタル戦略推進担当者によるプレゼンテーションのほか、参加者同士のディスカッションや商談会などの場が用意されている。商談会では聴講者として参加している年商1000億円以上の企業のIT部門責任者との商談の機会を持つことができ、課題の解決やネットワーキングの場として役立てられる。

 イベント会場では、新型コロナウイルス感染症対策として、マスクや手袋の支給、手指消毒剤の設置、衛生用品の支給、体温の測定、座席のソーシャルディスタンス確保などの対策を実施する。


■ 日時
2020年11月10日(火)・11日(水)

■ 場所
ホテル椿山荘東京
東京都文京区関口 2-10-8
東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」から徒歩約10分
東京メトロ東西線「早稲田駅」から徒歩約13分

■ 主催
マーカスエバンズ・ジャパン・リミテッド