NECと三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)、日本総合研究所(日本総研)は3月22日、量子コンピューターの技術評価・検証および研究成果を発表した。

 近年、量子コンピューターはさまざまな方式のハードウェアやアルゴリズムの研究・開発が進展しており、ビジネス利用に向けた実証実験も活発に行われている。中でも、組み合わせ最適化問題の解決に特化した「量子アニーリング方式」は、技術的な実用化のめどが立ちつつある。金融、製造など多くの産業における解析業務での活用が期待されており、これまでは膨大な変動要素が存在するため解くのが難しかった問題にも対処できるようになる可能性がある。

 NECなど3社は、2020年2月から共同で量子アニーリング方式の実用性検証を実施。今回、「機械学習の精度向上」と「ストレステスト業務の効率化」に関する成果を発表した。
 「機械学習の精度向上」では、現状、不正検知の機械学習を行う際に不正の学習データをどう入手するかが課題となっているが、量子アニーリングを利用することで、学習データを機械的に生成することが可能になった。

 「ストレステスト業務の効率化」では、各種経済指標を調整するための手作業に要する時間が、量子アニーリングにより従来の6分の1に短縮できたという。

 3社は今後について、機械学習への応用や金融資産の価格変動リスク予測等、量子コンピューターの業務活用に直結する重要性が高いテーマに取り組み、量子ソフトウェア開発と検証を進めていくとしている。