グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「システムインテグレーション市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021-2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を7月19日に開始した。

 この調査レポートによると、システムインテグレーション(SI)市場は、20年に3032億米ドルの規模に達している。21年から26年の間に14.21%のCAGRで市場が成長すると予想している。

 市場の傾向については、ビッグデータ、クラウドベースのサービス、SaaS(Software as a Service)などの先進技術の普及に伴い、企業のスケーラビリティが高まり、様々な組織で業務の複雑性が増加。その結果、さまざまなシステムを合理化するためのSIの分散型情報技術(IT)ソリューションの需要が高まっているという。

 さらに、iPaaS(Integration Platform as a Service)ソリューションの活用で複数のアプリケーション間で統合リソースを共有することができるため、交通機関や石油・ガスなどの業界でもシステムインテグレーションの用途が拡大している。

 また、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を防ぐため、各国政府は外出禁止令を発令し、社会的な距離を置く対策を進めている。その結果、いくつかの企業はビジネスモデルを変更し、リモートワークソリューションを採用している。これによって、安全・容易にリアルタイムでデータにリモートアクセスできるようになるため、システムインテグレーションの需要がさらに高まっているとみている。