エクイニクスは、大阪に新たなInternational Business Exchange(IBX)データセンター(OS3)を開設し、サービスの提供を開始した。


 初期投資額5500万米ドル(約62億円)で、関西圏で事業を展開する企業はPlatform Equinixを活用して将来性のあるハイブリッドマルチクラウドアーキテクチャーを構築でき、新しい時代に向けたデジタルファースト戦略を実現することが可能となる。

 エクイニクスが発表した市場調査「グローバル インターコネクション インデックス(GXI)」第5版によると、大阪でのインターコネクション(相互接続)帯域は20年から24年にまでに50%の年平均成長率(CAGR)で増加し、110テラビット/秒(Tbps)に達すると予測している。分野別で見ると、ハイパースケーラーが最もインターコネクション帯域の成長をけん引すると予測。これは大手クラウドサービスプロバイダー間での相互接続ニーズが継続的に高まっていることを示している。

 OS3は、大阪の中心部に位置する主要なネットワークプロバイダー施設に近接しているため、ネットワークの冗長性や低遅延への要望や関西圏の大規模なユーザーコミュニティーに近いデータセンターを利用したいと考えるクラウドやコンテンツプロバイダーにネットワークの選択肢を提供する。また、大阪、京都、神戸など広範囲な関西圏に直接接続できるため、デジタルリーダーはデジタルインフラストラクチャーを拡張し、適したパフォーマンスで活用することができる。

 OS3の第1フェーズは、21年末までに完成し、約3070平方メートル(3万3000平方フィート)以上のコロケーションスペースと900ラックを提供する予定。最終フェーズでは、合計8300平方メートル(約8万9340平方フィート)以上のコロケーションスペースに2500ラックを提供する予定。

 大阪のエクイニクスデータセンター(OS1)に直接接続されるOS3は、OS1とともに大阪キャンパスを形成し、Equinix Fabricを含む幅広いインターコネクションソリューションを一体的に提供する。このSDN(ソフトウェア定義ネットワーク)ベースのオンデマンドインターコネクションサービスにより、企業は東京やグローバルに広がるPlatform Equinix上で自社の分散インフラストラクチャーと他社の分散インフラストラクチャーを接続することができる。

 大阪の顧客は、AWS、Google Cloud、Microsoft Azure、Oracle Cloud Infrastructure、その他のローカルクラウドサービスへの直接的で安全なアクセスを確立でき、ハイブリッドマルチクラウドインフラストラクチャーへのニーズに対応することが可能となる。

 また、Network EdgeとEquinix Metalサービスを提供する予定で、ソフトウェアのようなスピードでデジタルインフラストラクチャーを構築したい顧客をサポートする。これらのサービスが利用可能になると、企業やサービスプロバイダーは、Equinix Fabricを単一の相互接続アプローチとして使用し、Platform Equinix上の全ての物理・仮想デバイスと、Equinix Metalで利用可能な自動化されたベアメタルサーバー、Network Edgeで利用可能なルータ、ファイアウォール、SD-WAN(ソフトウェア定義型広域ネットワーク)ゲートウェイなどの仮想デバイスを接続できるようになる。

 エクイニクスの顧客は、アルテリア・ネットワークス、中部テレコミュニケーション、Coltテクノロジーサービス、インターネットマルチフィード、Lumen、NTT西日本、オプテージ、TOKAIコミュニケーションズ、ベライゾンなど、25社以上のネットワークサービスプロバイダーが参加するネットワーク密度の高いデータセンターキャンパスを利用することが可能。これらのネットワークサービスプロバイダーの一部はOS3にも展開し、施設内の顧客に直接接続を提供する。

 エクイニクスは、日本の相互接続ネットワークの一部として、幅広いネットワークの選択肢と、主要なインターネットエクスチェンジが集まる堂島への直接接続を備えた耐震機能を提供している。

 また、OS3では日本政府のグリーン成長戦略を支援するためにモーション起動型のLED照明、高温冷水セットポイント、データセンターインフラストラクチャー管理(DCIM)と適応制御システム(Adaptive Control System)、コールド/ホットアイルの封じ込めなど、多くのグリーン機能と対策を採用している。

 OS3は地震に強く、自然災害から守るための複数の対策が施されている。また、エクイニクスはアジア太平洋地域のIBXデータセンターをサポートするために、事業継続管理(BCM)の国際標準であるISO22301認証を取得した。