都築電気とJIG-SAWは、IoT・運用サービスビジネスで新たなビジネス領域の発掘と革新的なサービス創出を目的として業務提携した。

現在の取り組み

 都築電気は、中期経営計画「Innovation2023」でデータドリブンビジネスの推進を掲げ、顧客への新価値提供に取り組んでいる。また、JIG-SAWはIoT組み込みエンジン「NEQTO」やマネージド(監視・運用)サービス「JIG-SAW OPS」などのサービス提供、保有技術を活用した新規プロジェクトの立ち上げなど、未来を見据えた多くの取り組みを行っている。

 業務提携によって今後は、都築電気とJIG-SAWの相互がもつ強みを生かし、取り組みを進めていく。具体的な取り組み内容については、今後改めて発表する予定。

 なお、現在は都築電気の新サービス体系「Total SolutionService Framework」にJIG-SAWの技術を組み込んだサービス作成に着手している。