エンタープライズオートメーションプラットフォーム「Workato」(ワーカート)を提供する米ワーカートは11月18日、日本法人の設立を発表した。今後3年間で日本市場に1億ドル(約113億円)を投下し、データセンター(DC)の開設、100人以上の社員採用、パートナーエコシステムの拡大などを進める。
 
ヴィジェイ・テラ CEO

 同日開かれた記者発表会でヴィジェイ・テラCEOは「日本は自動化技術の導入が最も進んでいる市場であり、顧客基盤は順調に伸びている。今こそ大きく投資をするタイミングだと考えた」と述べた。カントリーマネージャーに就いた中川誠一氏は「日本のお客様に満足して使っていただけるサービスに拡充したい」と強調し、日本語対応などのローカライズを推進するほか、プリセールス、ポストセールスの人員を拡充し、顧客支援の強化を図る方針を示した。

 DCは2022年秋に開設する計画で、政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)の認定取得も目指す。製品UIや技術ドキュメント、Webサイトの日本語化は22年夏の予定。