ニュース

ヴィームの22年事業戦略 マルチクラウドでのデータ移動を支援 クラウドやパートナーなど四項目に注力

2022/03/03 16:00

週刊BCN 2022年03月07日vol.1913掲載

 ヴィーム・ソフトウェアは2月24日、記者説明会を開催し、2022年の国内事業戦略を発表した。古舘正清社長は「企業環境のマルチクラウド化やハイブリット化が進んでいるが、データ保護の観点では、システム間で柔軟にデータを移動させる『データの移動性』が重要となっている」とし、クラウド環境におけるデータ移動への対応を強化する方針を示した。
 
古舘正清 社長

 説明会の冒頭で古舘社長は日本法人の近況を説明した。グローバルで順調に事業が拡大しているが、その中でも日本法人はグローバルの平均を大きく上回る成長率となっていることを明らかにした。「国内企業のクラウドシフトが進んだことで、弊社ソリューションの利用が拡大した」と、その要因を語った。

 22年の国内事業戦略として、「クラウド」「パートナー」「エンタープライズ」「広域サポート」の四つの項目を挙げた。クラウドでは、パートナー向けに「マルチクラウドトレーニング」を提供する。古舘社長は「マルチクラウド環境でデータを移動する際のインテグレーションスキルに課題を抱えるパートナーが多い。昨年から、一部のパートナーにマルチクラウド環境に対応するハンズオントレーニングを実施しているが、これを拡大させる」と説明した。また、大手クラウドベンダーやサービスプロバイダーとの協業にも注力し、クラウド環境での自社サービスの利用を拡大させる。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

外部リンク

ヴィーム・ソフトウェア=https://www.veeam.com/jp