システム開発を支援する米デルフィックスの日本法人Delphix Softwareのビジネスが好調だ。昨年度(2021年2月~22年1月)の売上高は前年度比75%増と大きく伸びた。今年2月に日本法人のカントリー・マネージャーに就任したロバート・スチーブンソン氏は、組織の強化やパートナー向けの支援拡充などを本年度の戦略に設定し、さらなる成長に向けて「しっかりと足場を固める」と意気込んでいる。
 
ロバート・スチーブンソン カントリー・マネージャー

 スチーブンソン・カントリー・マネージャーは、国内のビジネスが伸びた理由について「アプリ開発のスピードアップに加え、データを中心としたビジネスプロセスを目指す動きが顧客の間で増えた」と話す。具体的には、クラウドシフトに向けてテストベースで進めていた既存案件の拡張が成長につながり、コロナ禍のデジタル化に向けた流れも後押しになったという。