ニュース

タニウム IT運用とセキュリティ統合の「XEM」提唱 古市社長「当社がこの分野をリードする」

2022/05/19 09:00

週刊BCN 2022年05月16日vol.1922掲載

 エンドポイントセキュリティ製品を提供するタニウムは4月22日、資産管理やパッチ管理といったIT運用と脆弱性管理やEDRなどのセキュリティ機能を統合し、エンドポイント管理を行う「コンバージド・エンドポイント管理(XEM)」を新たなセキュリティのカテゴリーとして提唱していくと発表した。クラウドサービスの推進とパートナーとの協業強化に取り組む方針も示した。
 
古市 力 社長

 XEMについて同社の古市力社長は、国内企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)推進に取り組む中で、多様化するエンドポイント端末の管理やサプライチェーン攻撃の増加が課題となっていると紹介し、「あらゆる変化に対応していくには、IT管理とセキュリティをワンストップで提供していくことが重要となる」と説明した。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

国内サイバー・ハイジーン(衛生管理)の認知度は拡大傾向、タニウムが調査

外部リンク

タニウム=https://www.tanium.jp