ニュース

電子情報技術産業協会 新会長に富士通の時田社長が就任 デジタル人材の育成に注力し「期待に応える」

2022/06/09 16:00

週刊BCN 2022年06月13日vol.1926掲載

 電子情報技術産業協会(JEITA)は6月2日、富士通の時田隆仁社長CEO・CDXOが1日付で新会長に就任したと発表した。会見で時田会長は、デジタル人材の育成に力を入れる方針などを示し、「デジタル産業の業界団体として期待に応え、責務を果たしていく」と述べた。
 
時田隆仁 会長

 時田会長は、本年度の重点事業として、DXを担う次世代のデジタル人材の育成を挙げ「あらゆる分野においてデジタル化が急速に進展する中、デジタル人材を育てていくことは年々重要性を増している」とし、「日本政府が推進する『デジタル田園都市』を実現するためには、デジタル技術を提供する企業のみならず、デジタル技術を活用する企業にもデジタルの知見を持った人材が不可欠」と語った。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

電子情報技術産業協会 日本企業のDX、実践進むが未着手企業も多く 経営トップの積極関与が必要

おすすめ記事