ニュース

パナソニックコネクト 「配送見える化」ソリューションに注力 物流ドライバー不足などに対応

2022/07/07 09:00

週刊BCN 2022年07月04日vol.1929掲載

 パナソニックコネクトは、物流の配送状況をリアルタイムに管理し、配送ミスやトラブルの抑止につなげる「配送見える化ソリューション」の拡販に注力している。ドライバー不足の深刻化で作業の効率化は喫緊の課題となっており、需要は高まっていくとにらむ。すでに導入した自動車関連部品・用品の卸売業を行うトヨタモビリティパーツ(TMP)では、トヨタと他メーカーの部品をまとめて配送するプロジェクトに活用し、成果を挙げているという。

 同ソリューションは、ドライバー端末から配送実績をクラウド環境に保存することで荷主や運行管理者が配送状況を把握できる仕組み。パナソニックコネクトの完全子会社であるゼテス・インダストリーズ(ベルギー)が開発したシステムを利用し、TMPではハンドヘルドのタフブックをドライバー端末として採用。当初は栃木支社で稼働し、2022年4月から全国展開を進めている。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

おすすめ記事