ニュース

信号機×5Gで次世代の交通社会を目指す、交通インフラDX推進コンソーシアムを設立

2022/08/25 16:00

週刊BCN 2022年08月29日vol.1936掲載

 JTOWERと住友電気工業、日本信号、NECの4社は8月22日、産官学で連携する新組織「交通インフラDX推進コンソーシアム」の設立発表会を開催した。人とモビリティ、インフラが協調した安全安心で持続的な交通社会の実現が目的。交通信号機の活用による、5Gネットワークを軸とした柔軟性と拡張性を兼ね備えた新たなDX基盤やアプリケーションの社会実装を検討していく。

 コンソーシアムには29団体が参加する。初年度は普及促進委員会でニーズを整理し、関係省庁や自治体と調整して事業モデル案を作成。並行して技術検討委員会でサービスやアプリ基盤を検討し、制度や運営上の課題を整理していく。個別のテーマでは「柱の高度化(5Gネットワークを軸としたDX基盤の整備)」「交通管制・信号情報配信」「データ利活用ニーズへの対応」に取り組む。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>