ニュース

CData、「IBM Cognos Analytics」とパートナーシップ

2023/02/15 14:58

 CData Software Japan(CData)は、「IBM Cognos Analytics」とパートナーシップを結び、「CData Connect Cloud」を利用してCognosユーザーにData Connectivity-as-a-Serviceを提供する。


 Cognos Analyticsは、パワフルなレポート、ダッシュボード、データモデリング、リアルタイムモニタリング、スコアカード、予測分析を提供する包括的なBI(ビジネスインテリジェンス)のパフォーマンス管理スイート。ユーザーがコラボレーション、プランニング、スマートな意思決定を行うことをエンパワーし、ビジネスをより成長させることを目的としている。

 Cognosのような世界最高水準の分析ソリューションでも、そこに取り込むことができるデータがあってこそ、その良さが発揮される。レポーティングのために複数のデータソースにアクセスすることは、クラウドに分散する現在の企業システムでは容易ではなく、部門ごとにリクエストされるデータは異なる。

 例えば、SalesforceとServiceNowのデータを取得したり、NetSuiteやDynamics 365のデータをWorkdayデータと掛け合わせて取得したり、GoogleやAdobe AnalyticsとFacebook広告データを合わせて取得したりするケースがある。CData Connect Cloudでは、これらの多様なビジネスデータのラインアップに対応することが可能となる。

 CData Connect Cloudは、あらゆるCRM/SFA、マーケティング、会計/ERP、グループウェア、ECなどのデータにCognos Analyticsからリアルタイムデータ連携を提供する。コーディング、インストール、メンテナンスは一切必要なく、一番のポイントはCognos Analyticsからライブデータを直接クエリできることだとしている。
  • 1

関連記事

CData、「XC-Gate.V3」と「CData JDBC Drivers」が連携

CData、「CData Connect Cloud」がMicrosoft Power BIの認定コネクタに

CData、ブレインズテクノロジーの「Neuron ES」が「CData JDBC Drivers」と連携

外部リンク

CData Software Japan=https://www.cdata.com/jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>