ニュース

鈴与シンワート、鈴与シンワ物流のシステムリプレイスで「運行管理システム選定支援」編を公開

2024/01/11 14:25

 鈴与シンワ物流の運行管理システムのリプレイスでコンサルティングを提供している鈴与シンワートは、コンサルティングの進捗状況のリアルタイムレポートとして、1月11日に「運行管理システム選定支援」編を公開した。

 鈴与シンワ物流は、車両50台ほどを所有する運送会社。京浜港の湾岸部での倉庫事業や輸送船・大型荷役機器などを用いた港運事業、業界トップクラスの大手顧客複数社に対してバルク車・ウイング車など特殊車両を用いた陸運事業を展開している。

 今回の運行管理システムのリプレイスは、「さらなる、業務の品質と安全性を追求したサービスを提供し続けること」を目標に、同社の要望に最適なシステムを選定することにした。従業員の安全や業務効率化を図るだけでなく、顧客への貢献にも資するツールになるとしている。

 「2024年問題」といわれている24年4月から施行される「自動車運転手の時間外労働上限規制の施行」と、それに伴う「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」(改善基準告示)に向けて、労働時間の短縮や従業員の安全確保、業務効率化が急務の課題となっている。また、現在使用している車載機のサポート終了にともない、車載機をリプレイスする必要がある。

 それらを軸として、(1)ベテラン運転手のノウハウをデータ化して蓄積し業務改善に役立てること、(2)新システムを活用したITリテラシーの向上やDX化に対応できる人材を育成すること、(3)安全管理の一環として事故などのイレギュラーの際、リアルタイムにドラレコのデータを事業所や本社で管理しマネジメント面を強化できること、(4)運送にあたり最適なルートを選択するためのデータを蓄積し業務の効率化を図れること、(5)高速料金や燃料費などをデータ化し採算性の余地がある運行業務については現行より効率的に荷主へ改善要望提案ができる情報を蓄積すること-の主に五つの課題を解決していく考え。
  • 1

関連記事

鈴与シンワート、「あさレポ」の追加機能として「ビデオ点呼」を提供

鈴与シンワート、TASUKE for 奉行クラウドの機能追加と奉行V ERPクラウド対応版

鈴与シンワート、サピエンステクノロジーが「S-Port Cloud Vシリーズ」を採用

外部リンク

鈴与シンワート=https://www.shinwart.co.jp/

鈴与シンワ物流=https://sl.shinwart.co.jp/

リアルタイム導入事例「運行管理システム選定支援」編=https://logistics.shinwart.co.jp/case/itconsul/ssb_1

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>