即・決断力

多田尚二 社長


 現状の国内景気は、各企業の業績が示しているように、明らかに下降局面であり「不況の真っ只中」といえる。

 このようななか、最も重要となるのは「経営の舵取り」だ。スピード感を持って、現状を的確に分析し、意思決定を迅速に行うことで、不況の波を乗り越えていかなければならない。そうした考えに基づいて、2009年のキーワードとして「即・決断力」を掲げる。

 08年は全社経営改革を推進して3年目の年にあたり、改革の一層のスピードアップと深化を目指してきた。今後もさらに経営効率、事業運営効率を向上させ、無駄のない筋肉質の体制を築くことに力を注ぐ。この施策によって難局を乗り切り、次なる成長につなげたい。

 ユーザー企業の設備投資は縮小傾向に向かい、受注環境は厳しいとみている。だからこそ、顧客との絆をさらに深め、共に事業を強化していく方針だ。

 ITソリューション分野では、当社のデータセンターを活用したSaaS型サービス事業の展開を図っていく。また、プロダクト分野においては、当社の強みであるLSIからプラットフォーム、組み込みソフトまでを実現するエンベデッドトータルソリューションをさらに強化していく。

 さらに現代のキーワードである「高齢化社会」「セキュリティ」「エコ」「内需拡大」関連の新サービスについても積極的に取り組んで事業拡大を図っていく所存だ。