働き方改革に取り組もうとしている企業は多い。しかし、申請を行っていない時間外の勤務「隠れ残業」やテレワーカーの勤務状況の把握など、課題は山積みだ。勤務状況の可視化が課題解決の一助となっている。(山下彰子)