日本エイサー(ボブ・セン社長)は、超小型デスクトップPC「AspireRevo」のラインアップを、今年の年末商戦に向けて拡充することで調整に入った。

 「AspireRevo」は、2009年10月に発売。Atomプロセッサ330(1.60GHz)やNVIDIA IONグラフィックスプロセッサを搭載し、3万9800円と低価格ながら、グラフィック処理能力が高い。無線のキーボードとマウスが付属し、HDMI端子でテレビとつないで、リビングなどでインターネットを楽しみたいという人をターゲットにアプローチしている。

 今後は上位機からエントリー機まで、価格を抑えたうえでラインアップを拡充し、ユーザーのすそ野拡大を目指す。

 同社は今年5月に、他の部屋の機器とデータを簡単に共有できるホームネットワーク構想「Acer clear.fi(エイサー・クリアファイ)」を台湾で発表。今後は、家庭内のデジタルコンテンツを共有するデジタルホーム製品に力を入れていく。(田沢理恵)