その他

<THE決断!ユーザーのIT導入プロセスを追う>「Hyper-V レプリカ」で仮想化 ディザスタリカバリ対策も実現

2013/08/29 21:03

週刊BCN 2013年08月26日vol.1494掲載

 佐賀県を中心に物流サービス事業を展開しているロジコム(鳥屋正人社長)は、業務システムの老朽化や、サーバーのサポート切れに対処するために、日本マイクロソフトの「Windows Server 2012」を導入した。地元SIerのソアー(金子晴信社長)に構築を依頼し、システムの複製を容易にする「Hyper-V レプリカ」機能を活用するなどして、わずか2週間でシステムを仮想環境に移行。同時に、DR(災害復旧)対策も実現した。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

<Windows Server 2012 特集>富士通マーケティング 「Hyper-Vレプリカ」とクラウドを連携 国内初のバックアップソリューションをSMBに提案

SMB向けソリューションの有力商材「AZBOX Hyper-V モデル」、仮想化を意識させない仮想環境を提供

日本マイクロソフト、「Windows Server 2012」の提供を開始、約180の新機能で強化

ネットワールドとBCN、Windows Server 2012のセミナーを開催、仮想化やシスコのプラットフォームを解説

外部リンク

ソアー=http://www.soar-saga.co.jp/

おすすめ記事