アクティブコア(山田賢治社長)は、マーケティング・オートメーション(販促活動の自動化支援)で頭角を現している。データ分析のDWH(データウェアハウス)を中核技術に据え、精度の高い販促活動を支援するシステムに仕上げた。マーケティング・オートメーションの領域では、国内外で多数のベンダーが参入しており、営業支援やレコメンド(顧客が関心をもちそうな商品を自動的に推奨する)といった自社の得意技術を軸に商品やサービスを展開。アクティブコアはDWH技術による分析を基軸に特徴を打ち出している。