大連のIT企業が、新たな対日ビジネスのあり方を模索している。近年、中国の経済成長の減速や為替変動、中国国内の人件費高騰などを背景に、大連IT企業は、対日オフショア開発やBPO(ビジネスプロセス・アウトソーシング)といった従来型ビジネスを転換する必要に迫られている。そうした状況のなか、単純なBPO事業から脱却し、新技術の開発やソリューションの提供、さらにはより強固な日中連携を目指したビジネスモデルを構築する動きがみえ始めた。(前田幸慧)